鉄板マスタートレンドの検証と特典

鉄板マスタートレンドの検証について

当サイトでご紹介させていただいたインディケーター「鉄板マスタートレンド」は、「トレンドが読めればFXは勝てる!」ということを証明するために、長い開発期間を経てようやく完成したトレードツールです。

 

その実力については、もはや述べるまでもないと思いますが、本当に理想的な損小利大のトレードが実現します。

 

今まで、あなたが1回あたりのトレードで何pips抜いていたかは分かりませんが、この鉄板マスタートレンドは、間違いなくそれ以上の利益を抜く自信があります。

 

そして、それが1度や2度ではなく、継続して獲れることもすでに実践にて確認されています。

 

損小利大を実現するうえで最も重要なのは“損小”ではなく“利大”であり、“利大”なくして“損小”はありません。

 

どういうことなのかというと、“損小”については誰もが出来ることですが、“利大”については誰もが出来ることではなく、多くの人が損小利大のトレード結果にならないのは、それが原因だからです。

 

 

たとえば、“損小”については誰でも出来ます。

 

極論、「マイナス10pipsで損切りする」というルールを作るだけで、“損小”については簡単に実現します。

 

しかし、“利大”については、誰もが出来ることではありません。なぜなら、これはトレンドが読めないと出来ないことだからです。

 

また、-10pipsであっても、-100pipsであっても、利益のアベレージによって、これが損小なのか損大なのかが決まります。

 

たとえば、-10pipsで損切りしていても、利食いも同じく+10pipsならば、その-10pipsは損小とは言えないでしょう。

 

一方、-100pipsで損切りをしていたとしても、利食いのアベレージが+1,000pipsならば、その-100pipsは損小だと言えます。

 

つまり、損小とは、利食いのアベレージによって決まるのです。

 

理想的な損小利大のトレードを検証するためには、とにかく利食いのアベレージを上げることが大切です。

 

そして、利食いのアベレージを上げるためには、どうしても「トレンドを読み解く力」が必要になります。
鉄板マスタートレンドでも何度も述べましたが、それ以外に方法はないのです。

 

その能力を完璧に補ってくれるのが、当サイトでご紹介した「鉄板マスタートレンド」です。

 

世間には、たくさんのトレードツールやインディケーターがありますが、トレードの本質を突いたものは本当にごく僅かだと思います。

 

大半は、勝率の見栄えがいいだけで、実はリスクが非常に高いスキャルピング用のインディケーターであったり、過去の数字にこじつけただけの出目的なツールであったり、いい加減なものが多いような気がします。

 

そんな中、このインディケーターは、
「1回のトレードで相場から何point抜くか?」という、トレードの本質を突いたものです。

 

もし、当サイトを通じ、その重要性があなたに伝わったとしたら、それだけでも当サイトを立ち上げて良かったと思います。

 

なぜなら、一番伝えたかったことが「トレンドを見抜く力こそFXで勝つために必要不可欠な能力である」ということだったからです。

 

それ以外の知識や小手先だけのテクニックなんて、本当に必要ないのです。

 

とは言え、無理に「鉄板マスタートレンド」を検証してほしいとは思いません。

 

もし、自分の力で出来るのなら、それに越したことはないからです。

 

ただ、あなたが自分ではなかなか難しいというのなら、ぜひ、「鉄板マスタートレンド」を検証してみて下さい。

 

あなたの期待に応える自信はあります。そして、本当の損小利大とは何なのかを、実際に結果としてお見せすることが出来るでしょう。

 

 

今回ご紹介した鉄板マスタートレンドは全体的に優れた数値を叩き出しています。

 

そのバランスの良さは、一目瞭然でしょう。

エステートホーム仲介手数料と店舗
エステートホーム仲介手数料と店舗です。一番高い金額で販売するにはこれを使う。500万円もアップすることも。エステートホーム仲介手数料と店舗も参照。
築年数と間取りで見る品川区マンションの評価額は?
品川区のマンションや住宅の評価額ですが、築年数,間取りを選択するだけで机上査定ができます。品川区でマンションや住宅の売却、売買をご希望の方にご利用いただいております。築年数と間取りで見る評価額はズバリ!
短期間で腰痛を治す方法
14年間の腰痛持ちです。病院に行っても、整体や鍼灸にも数え切れない程通っても治らなかった腰痛が2週間目で痛みが消え、1ヶ月でほぼ完治しました。この短期間で腰痛を治す方法にはびっくりです。