FX自動売買ランキング

FXトレード手法 人気ランキング

為替レートが円高になった時のメリットとデメリット

最近の為替レートは円高の傾向が続いています。円高になるとどのようなメリットがあるのでしょうか?原油など輸入によって国内に供給されているものは、円高になると為替の影響で安く買えるようになります。ガソリンや灯油など、原油を材料につくられているものの値段も下がっていきます。

 

電気やガスのようなエネルギー全体の価格が安くなることにつながります。為替レートが円高になると海外旅行で安く買い物をすることができます。10万円を持って海外に買い物に行った場合、1ドル200円と1ドル100円の時とは買えるものが倍違います。

 

輸入商品を仕入れるためのお金が少なく済むことも、円高の特徴です。仕入れ必要な資金が下がれば、価格も低く抑えられます。円高で商品が安くなれば円高セールなども頻繁に行われ消費者も恩恵にあずかることができるでしょう。

 

輸入品は安くなりますが、輸出にかかる金額は上がります。円高はいいことばかりではないのです。これまでと同じ金額で商品を作っても、海外で販売する時は価格が上がり、国内産業の競争力が低下します。国内の輸出産業は苦しい状況に立たされ、株価も悪化します。

 

海外の投資家も株価が頭打ちしたり低迷の予兆が見え出すと、為替損益が発生する前に早めに利益を確定しだします。

 

円高がいきすぎた場合、投資家などが資金を動かすことによって、過度な円高が是正されます。円高、円安それぞれに国内の輸出、輸入産業への影響は大きいことを理解しつつ為替をチェックしてください。