FX自動売買ランキング

FXトレード手法 人気ランキング

為替レートが円安になった時のメリットとデメリット

為替レートが円安になった場合には、どのようなメリットがあるのでしょうか?円安になると輸出企業は売上が増えます。為替が円安方向に変動すると、輸出関連産業の販売力がアップします。今まで売っていたものを、より安い価格で売ることができるためです。

 

日本でつくったものを海外で売っている会社は売上げがアップし、そのぶん雇用条件がよくなります。為替レートが円安になると株価も上昇します。海外に資金を持つ投資家は、円安になると日本の株を買います。

 

自国通貨の強みをいかして、安く株が買えるためです。株が上がれば企業も様々な活動ができるようになります。しかし、円安であることはいいことばかりではありません。輸入企業は利益が減って、輸入品の価格が高くなるので売れ行きが悪くなってしまいます。

 

円安は、電気料金やガス料金を高くします。それは燃料となるガソリンや灯油の価格が上がるためで、さかのぼれば原油の輸入価格が上がるためです。商品製造に必要な材料を輸入で仕入れている企業、円安でマイナスの影響を受けます。

 

連鎖的に商品の価格が上がると国内での消費が低迷することになるのです。商品価格が高くなれば、買う側は消費を控えますので経済が回らなくなります。円安はよい点だけでなく、欠点もあることを踏まえて為替を見る必要があるでしょう。